毎日の暮らしを、ちょっと楽しく素敵に!

マンネリから脱却!母の日に義理母へ贈る花、ちょっとの工夫でもっと素敵にしよう!

てまり
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
てまり
こんにちは! 暮らしの植物アドバイザー てまり です。 関東在住、夫と1歳の娘と暮らす30代の主婦です。 Life with Plants!をモットーに、生花、観葉植物、園芸など植物のある暮らしを楽しんでいます。


こんにちは!てまりです!

母の日にお義母さんへ贈るお花はもう決めましたか?

今年も去年と同じようなものになるかな~・・

お悩み主婦 さおり

色は赤やピンク系で、カーネーションやバラが入って・・、なんとなくいつも同じような見た目になってしまう母の日ギフト。

贈る側としても少し物足りなさを感じますよね。

そんなマンネリしがちな母の日ギフト、

今年は自信を持って渡せる素敵なギフトに変化させましょう!

元花屋スタッフのてまりが、少しアレンジを加えた楽しいお花選びのコツをお教えします!

「どれがいいんだろう・・(もやもや)」

と憂鬱になりそうだったあなたも、

「これもいいな!あれもいいな!(わくわく!)」

と、ギフト選びを楽しめること間違いなし!

この記事はこんな方におすすめ

・お義母さんに贈るお花を、いつもと少し変えたい

・贈る相手はお義母さんではないが、母の日の花ギフトを少しアレンジしてみたい

・そもそもお花の選び方がわからない

スポンサーリンク

おすすめのギフトスタイル


お花のギフトは、アレンジメント、ブーケ、花束、鉢、プリザーブドフラワーなど、いくつかのスタイルがあります。

その中で、義理母へ贈るギフトとしておすすめするスタイルは、

ブーケです!


ブーケをおすすめする理由を詳しく知りたい方は、こちらをご参照くださいね!


さあ、いざブーケを注文しよう!と思ったときに、色は?雰囲気は?

と、次はテイスト選びに悩むことになります。

では、母の日の人気テイストと、おすすめのテイスト選びについて、順を追ってご説明しますね。

母の日の人気テイスト

お花のギフトにおけるテイスト(=好み)は、

花の種類、色合い、雰囲気の三つの要素で表現ができます。

花の種類


母の日ギフトで、老若男女問わず選ばれる2種のお花があります。

カーネーションと、バラです。



【カーネーション】 

花の大きさ、花びらの形、色合いは多種多様。複色もある。

花びらが重なったフリルがチャームポイント。

花言葉は【熱愛 純粋な愛】など。 



【バラ】

花の咲き方、形、大きさ、色合い、香りは多種多様。

丸く可愛いフォルムのものから、豪華でクラシカルな見た目のものまで様々。

花言葉は【あなたを愛しています 愛の誓い 上品】など。


どちらも、可愛さや上品さがあり、女性のギフトにぴったりな雰囲気を持ち合わせています。

他にも、この時期はシャクヤクライラックなど、素敵なお花が並んでいますよ!

てまり



色合い


母の日の花ギフトで人気が高い色合いは、こちらです。

・赤系 

・ピンク系

・黄色オレンジ系


その他に、

・白×グリーン

・紫

なども選ばれます。

雰囲気


花の種類は年々増え、様々な雰囲気にデザイン可能です。

可愛い 華やか かっこいい

明るく元気に アンティーク ナチュラル

ぱっと思いつくだけでもこれだけのイメージがあります。

母の日に特に人気があるのは、

可愛い 華やか 明るく元気に

この三つです。 

三つの要素の組み合わせ


花の種類、色合い、雰囲気。

この三つの要素を組み合わせることで、ブーケのイメージができあがります。

・バラ×赤ピンク×可愛く

・ガーベラ×黄色オレンジ×元気に

・花はお任せ×白緑×ナチュラル



などなど!

通常のギフトでも使える考え方です。

スポンサーリンク

あなたに合ったテイスト選び


テイストの種類が分かったところで、

花はやっぱりカーネーションがいいの?

どう選べばマンネリしないの・・?

お義母さん、どんな色が好きだっけ~・・・!?

お悩み主婦 さおり

・・と、まだまだ悩んでしまいますよね。

マンネリを避けたテイスト選び、

私がおすすめする方法は、こちらです!

・【お義母さんの好みがわかる場合】

 好みにひとつアレンジを加える!

・【お義母さんの好みがわからない場合】

 あなたが「素敵!」と思う花を贈る!

では、詳しくご説明しますね!

好みが分かっている場合


バラが好き!赤が好き!とはっきり好みが分かっていれば、その通りにしつらえてもらうのが良いでしょう。

好きなものは何回もらっても喜んでもらえるはずです。


好きなものをそのまま贈るというのでも十分ですが、今回は、そこに少しアレンジを加える方法をお教えします。

・同じ花でも品種で雰囲気を変える

・色合いを変える

2つの方法を抑えておけば、来年以降も楽しくギフト選びができますよ!

品種で雰囲気を変える


例えばお義母さんがバラを好きな場合、

バラといっても何十種類とあり、それぞれに品種名がありますので、

今回は【サムライ】というかっこいいバラにしてみたよ!

てまり

とか、

【ロワイヤル】というエレガントなバラにしたよ!

てまり

など、品種を楽しむギフトに変身させてみましょう。

お義母さんに楽しんでもらえるはずです!

色合いで変化をつける


シャクヤクが好き!ということであれば、

昨年は濃いピンクのシャクヤクだったから、今年は白色のシャクヤクにしよう。

てまり

など、花色で変化を出すことができます。

また、花色に種類が無い場合は、

ラッピングの色合いで変化を出すのも素敵です。

・白のシャクヤク × ピンクのラッピングで可愛らしく

・白のシャクヤク × 葉や緑の花 × ベージュのラッピングでナチュラルに

・白のシャクヤク × ボルドーのラッピングで上品に


添える色で印象が大きく変化するのも、花ならではの魅力ですね。

好みが分からない場合


お義母さんの好みが全くわからない場合は、こちらの方法を試してみてください!

・自分(や夫、子供)が好きな花を贈る

・直観で、素敵!と感じる花を贈る



主役の花を決める


上記2つの方法に共通することは、主役の花を決めること。


母の日のギフトがいつも同じように感じるのは、

【カーネーション・バラ・ガーベラ】を組み合わせた商品が多いからです。

そこで、主役にしたい花をしっかりと決めるだけで、 ガラッと雰囲気を変えることが出来ます。

オーダーの仕方は、

【 主役にしたい花・他のテイスト(色や雰囲気)・予算】を伝えればOK!

あなたオリジナルのブーケが完成です。

「何ていうお花かしら?」「お父さん、見てこの綺麗な色!」

など、 渡す時に話題にもなること間違いなしです!

オーダー時の注意点


【当日に購入して渡そうと考えている場合】は、

事前に予約をしておきましょう!

当日は午前~夕方近くまでお花屋さんは大賑わいです。

待ち時間もかかりますし、店内をゆっくり見る事もできません。

できれば、2週間前~前々日までに予約をしておくといいでしょう。

その場合、仕入れの関係上、細かい品種指定は難しいかもしれませんが、

希望を伝えておけば、お任せで見繕ってもえます。


【当日以外に購入して渡す場合】は、

ゆっくりと店内のお花を見て選べると思うので、

そのまま、良いと感じたものをオーダーしてみましょう!


ブーケは、保水が必要な為、購入した当日に渡しましょう!

てまり

今日のハナバナ

5月といえば思い浮かべる花が、スズランです。

5月1日、フランスでは大切な人に感謝の気持ちを伝える日です。

気持ちと一緒に贈る花が、スズランです。

小さな子供から、ご老人まで、多くの方がスズランを手にして歩いているそうです。

スズランの可憐な姿と爽やかな香りが街にあふれます。

とても素敵な伝統ですね!

日本では、ウェディングで需要の高いお花となっています。

私の一番好きな花でもあります。

花言葉は 【再び幸福が訪れる】

少し早めに母の日ギフトを贈る方は、スズランもおすすめですよ!

まとめ


マンネリしない、お義母さんへ贈るブーケ選び、ポイントはこの2点です!

【好みが分かる場合】
好みにひとつアレンジを加える
【好みが分からない場合】
あなたが、素敵!と思う花を贈る

これで、いつも同じように感じていたギフトが、

あなたオリジナルの素敵なギフトに変身しますよ!


GWになったら、さくっと予約をしに行ってみましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
てまり
こんにちは! 暮らしの植物アドバイザー てまり です。 関東在住、夫と1歳の娘と暮らす30代の主婦です。 Life with Plants!をモットーに、生花、観葉植物、園芸など植物のある暮らしを楽しんでいます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Mom's Green Time , 2019 All Rights Reserved.