毎日の暮らしを、ちょっと楽しく素敵に!

ママ用電動自転車、2019年の2大人気モデルのビッケモブddとギュットアニーズDXを徹底比較しました!

てまり
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
てまり
こんにちは! 暮らしの植物アドバイザー てまり です。 関東在住、夫と1歳の娘と暮らす30代の主婦です。 Life with Plants!をモットーに、生花、観葉植物、園芸など植物のある暮らしを楽しんでいます。

こんにちは!てまりです。


子供が少し大きくなると欲しくなるのが、電動自転車ですね!


保育園への送り迎えにも、少し遠くの公園へお出かけにも必需品!


高い買い物なので、慎重にリサーチして選びたいですよね!



でも、自転車屋さんでしっかり話を聞こうと思っても、子供連れだと飽きちゃったり動き回ったりで、話半分で終わってしまい・・


結局良く分からなかった・・。しょうがない。休みの日に行こう。


と思いきや、休みの日はお店が混んでいて全然話を聞けず・・・


展示してある比較表を見ても、数字のことばかりでよく分からない・・


えっ、みんなどうやって選んでるの???



私はこんな状況が続き、

これではいかん!と、自転車屋さんでとことん!相談してきましたよ!



そこで今回は、2019年の2大人気、パナソニックのギュット・アニーズ・DXと、ブリヂストンのビッケ モブ ddを分かりやすく比較します!


どちらも、2人子乗せでもカゴが装着できるタイプです。



忙しいママも、この記事を参考に選んだら、あとは試乗して最終決定をするだけ!


まずは、電動自転車選びのチェックポイントから見ていきましょう!

この記事はこんな方におすすめ

・パナソニックのギュット・アニーズ・DXと、ブリヂストンのビッケ モブ ddでどちらにするか悩んでいる

・電動自転車の選ぶポイントを知りたい

・2019年に人気の電動自転車が知りたい

スポンサーリンク

電動自転車を選ぶ際のチェックポイント


ママ用の電動自転車に求めることはこの2点!

・快適な乗り心地

・ママが嬉しい使い心地


自転車としての機能と、親子で使うための便利機能、それぞれ見ていきましょう!

てまり

快適な乗り心地


快適さとは、つまり走行中に不便が少ないこと。


・漕ぎ出しのスムーズさ

・安定感のある走り

・坂道でのパワー


電動自転車とはいえ、数十キロある子供を前後ろに乗せるのですから、スタート時のパワーや、速度を緩めた時の多少のふらつきなど、メーカーで差があります。


メーカーごとの特徴を確認したら、実際に試乗してみましょう!

てまり

ママが嬉しい使い心地


ママにとって日々のパートナーとなるために、ちょっとした使い勝手もノンストレスにしたいですよね!


・パネルの表示内容

・子供の乗り降りのしやすさ


スペックに特段の差はありませんが、細かな仕様は違いが歴然です!

てまり


では、どんな違いがあるのか見ていきましょう!

ざっと比較します!


では、ママ目線での使い心地を比べてみましょう!

panasonic
ギュット・アニーズ・DX


アニーズDX車体イメージ
BRIDGESTONE
ビッケ モブ dd


ビッケモブdd 車体イメージ
デザイン低めのフレームでまたぎやすい車体・シート・カゴの色を統一してすっきりスマート

カラーコーディネートが可能
カゴ

※サイズはおおよそ
パイプ
幅40cm
×奥行33cm
×高さ26cm(上面)

大容量
パイプ
幅41cm
×奥行30.5cm
×高さ23cm(上面)

カゴの底面あり
後部座席
チャイルドシート
ワンタッチで巻取り式ベルト

高さ調節可能

座面は撥水
手で調節のベルト

高さ調節可能

座面は撥水ではないので濡れる
パネルの
バッテリー残量表示
km % 分%のみ
ハンドルロックスタンド連動ハンドルにて手動
走行登り坂に強い両輪駆動で安定した走行
その他発進時のパワーが強く、グッと漕ぎ出せるチェーンがカーボンなので長持ち

一定条件下で自動充電可能
主なスペックバッテリー容量 16.0Ah
充電時間 約5.0時間

1充電あたり
ロングモード 約80km
オートマチックモード
約60km
パワーモード 約50km
バッテリー容量 14.3Ah相当
充電時間 約4.1時間

1充電あたり
エコモード  82km 
オートモード  58km 
パワーモード  42km 


スペックに関しては、よほど長距離を走るというわけでなければ、比較材料としての優先度は低くてOKです!

てまり

スポンサーリンク

パナソニック ギュット・アニーズ・DX


私が訪れた自転車屋さんでは、どこへ行っても売れ筋ナンバーワンの称号を掲げていました!


ママ目線での「助かる!」「嬉しい!」がたくさん詰まっています!

アニーズDX車体イメージ

出典: http://cycle.panasonic.jp/products/ela/#pointTabs1

デザイン・カゴ


またぎやすい
ように、フレームが下に大きく折れています。

ささやかなポイントですが、嬉しいですね。

アニーズフレーム外観

出典: http://cycle.panasonic.jp/products/ela/#pointTabs2


カゴは大容量
で、まとめ買いしても大丈夫!

アニーズDX カゴサイズイメージ

出典: http://cycle.panasonic.jp/products/ela/#pointTabs1

後部座席チャイルドシート


なんといっても、巻き取り式のベルトがとても楽で便利!

子供が乗ったらカチャッとベルトをとめて、あとは背面のレバーを押すだけで、スーッとベルトが締まります。

簡単で、ママに優しい設計です!

アニーズDX チャイルドシート

出典: http://cycle.panasonic.jp/products/ela/#pointTabs1


撥水性のあるシート背面の収納ポケットなど、あると便利な機能もついていてママの日常をサポートしてくれます。

パネル・ハンドルロック


手元のパネルでは、バッテリー残量が【%・km・分】の3つの単位で表示可能です。

アニーズDX パネル

出典: http://cycle.panasonic.jp/products/ela/#pointTabs2


バッテリーが少なくても、エコモードに切り替えることで可能距離が少し延びるので、あとどれくらいかな?と細かく見たい時に3つの指標があると分かりやすいですね!


%よりも、距離や時間で見たい方におすすめです。


降りた時に、前輪が左右にぶれないようにするハンドルロックは、スタンドを立てると連動してロックがかかります。

アニーズDX ハンドルロックイメージ

出典: http://cycle.panasonic.jp/products/ela/#pointTabs1

走行


発進時の力強さを売りにしているこちらの製品。


試乗したところ、漕ぎ出すとグンッと押し出される心地がします。


そのパワーゆえ、上り坂にも強いので、普段の生活で坂が多い方は要チェックです。



<オンラインショップや、電気屋さんが安くておすすめです!>

ブリジストン ビッケ モブ dd


大手タイヤメーカーという信頼感と、おしゃれなデザインが人気です!


ビッケには、またぎやすいビッケモブddと、スタイリッシュなデザインのビッケグリddの2種があります。

ママがメインで使うのであれば、ビッケモブddをおすすめしますので、今回グリについては割愛します。

ビッケモブdd 車体イメージ

出典: https://www.bscycle.co.jp/items/e-bicycle/bikke/mob/



<使用後のレビュー記事もよければ覗いてみてくださいね!>


デザイン・カゴ


車体・カゴ・シートと、色合いに統一感があり、おしゃれ!

主張しがちなカゴも、車体になじんでナチュラルです。

カゴのサイズは、 幅41cm×奥行30.5cm×高さ23cm(上面) です。

ビッケモブdd ホワイトカラー

ビッケモブdd  カゴイメージ

出典: https://www.bscycle.co.jp/items/e-bicycle/bikke/mob/


また、サドルカバーやシートクッションなどカラー展開が多く、好きにコーディネートができます

ビッケモブdd カラーバリエーションイメージ

出典: https://www.bscycle.co.jp/items/e-bicycle/bikke/mob/


なんと、公式サイトでカラーコーディネートをシュミレーションすることもできますよ!



日々の自転車タイムを、より楽しくお気に入りの時間にできますね!

てまり

後部座席チャイルド シート


開閉可能なグリップバーや、高さ調節可能なヘッドガードはアニーズと同様です。

ビッケモブdd チャイルドシートイメージ

出典: https://www.bscycle.co.jp/items/e-bicycle/bikke/mob/


シートは撥水ではない
ので、雨除けの無い屋外に置く場合はレインカバー必須です。

パネル・ハンドルロック


バッテリー残量は、%表示のみとなっています。

ビッケモブdd パネル

出典: https://www.bscycle.co.jp/items/e-bicycle/bikke/mob/


ハンドルロックは手元で手動にて行います。

降りる前にロックできるので、スタンドを立てる時にふらつく心配がありません!

走行


両輪駆動で、走行中の安定感は抜群です!


試乗したところ、漕ぎ出すと前に引っ張られる感覚があり、前輪のふらつきがありませんでした!


こんなに走行に違いがあるのかとびっくり!

その他


自転車のチェーンは通常金属製で、錆びたり、注油したり、のびてしまったり・・メンテナンスが必要になります。


ですが、こちらはチェーンに代わってカーボンベルトドライブを採用。


そのため、錆びの心配もなく、ほとんどのびることもないので、メンテナンスの手間が省けます!


また、走行中にブレーキをかけたり、ペダルを止めるとバッテリーを充電することができます


充電器の使用回数が減ることで、バッテリーが長持ちするメリットも!


バッテリーは、しっかり減ってから充電することで、負担が少なく長持ちしますよ!

てまり



<オンラインショップや、電気屋さんが安くておすすめです!>

まとめ


売れ筋の2商品ですが、機能の違いにびっくりですね。


・バッテリー残量の見やすさ、ベルトの楽さなど、ママに嬉しい使い心地が素敵なアニーズDX


・両輪駆動で安定安心の走行、好きなコーディネートで、快適な乗り心地と楽しさを備えたビッケモブdd


どちらがお好みですか??


今度のお休みに、ぜひお子さんと一緒に試乗してみましょう!


最後までお読みいただき、ありがとうございました!


スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
てまり
こんにちは! 暮らしの植物アドバイザー てまり です。 関東在住、夫と1歳の娘と暮らす30代の主婦です。 Life with Plants!をモットーに、生花、観葉植物、園芸など植物のある暮らしを楽しんでいます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Mom's Green Time , 2019 All Rights Reserved.