毎日の暮らしを、ちょっと楽しく素敵に!

共働き家庭に日々の癒しを!お世話が楽でおすすめの観葉植物10選

てまり
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
てまり
こんにちは! 暮らしの植物アドバイザー てまり です。 関東在住、夫と1歳の娘と暮らす30代の主婦です。 Life with Plants!をモットーに、生花、観葉植物、園芸など植物のある暮らしを楽しんでいます。

こんにちは!てまりです。

突然ですが、この記事に辿り着いたあなた、こんなお悩みはありませんか?

・観葉植物を育てても、いつの間にか枯れている。

・共働きなのでこまめなお世話はしたくない。

・でもやっぱりお部屋に緑が欲しい!

・叶うなら、おしゃれな観葉植物で、部屋多少の散らかりをごまかしたい!!



そんなあなたに、平日はほとんどお世話いらずの観葉植物をご紹介します!

この記事はこんな方におすすめ
・放置気味でも元気に育ってくれる植物が知りたい

・お世話が少なくて済む観葉植物を部屋に置きたい

・初心者におすすめの植物が知りたい

スポンサーリンク

日ごろお世話ができない家庭向け。どんな植物がいい?


仕事で日ごろお世話できないという家庭には、この2つの特徴を兼ね備えている植物がおすすめです!

  • 乾燥に強い
    (水やりが少なくて済む)
  • 手入れが楽
    (成長が遅いことで、剪定や植え替えの頻度が少なくなる)


細やかな葉で、繊細なフォルムで、爽やか~な植物は大抵乾燥に弱いです!

ひとたび水分を失い、葉がカリカリになってしまうともう再起しないことも・・


しかし、乾燥に強い植物は、水が切れてしょんぼりした姿になってしまったとしても、保水すれば数時間で元気が戻ります!
(水切れからあまりに長期間放置するとそのまま枯れてしまう場合もあります)


水が足りなくなると葉のハリが失われ、へろへろとしていきます。
毎日触れてあげると状態がわかるようになりますよ!

てまり

休日にして欲しいお世話3つ


これからご紹介する植物は、毎日こまめなお世話は必要ありません。


お休みの日にして欲しいお世話はこの3つです。

  • 水やりついでに日光浴(植物によって頻度は異なります)
  • 春と秋に、植え替えのチェック
  • 春夏秋に、必要があれば肥料を追加する

私も何種類か育てていますが、基本放任主義なのでお水をあげ忘れることもしょっちゅう・・。
それでも毎日みんな元気に暮らしています!(たぶん)

てまり

水やり


一般的に観葉植物の水やりのタイミングは、【土の表面が白っぽく乾いたら】が目安となります。


今回ご紹介する植物たちは1週間に1回程度でOKです。

水やりをする時は、土の跳ね返りに注意しながら鉢底から出てくるまでたっぷりと与えます。

お水が底からあふれてくるため、外でお水をあげると日光浴にもなっておすすめです。

室内で水やりをして鉢皿にたまったお水は、過湿や汚れを防ぐため捨てておきましょう。

外に出して水やりをする場合、急な直射日光で葉焼けを起こす可能性もあるので、1、2時間程度にしましょう。


葉の大きな植物には、たまに霧吹きで葉に水をかけてあげましょう!

汚れが落ち、葉がツヤツヤ生き生きとしますよ!

てまり

植え替え


一般的に、植物の植え替えは春や秋の涼しい気候の時に行います。

植え替えが必要かどうかは、主に根っこの状態で判断します。

鉢底から根が出ていたり、表土から根が出てきたら、鉢の中に根っこが収まらなくなってきた証拠。

植え替えのサインです。

肥料


置くタイプのものでも、挿しておくタイプのものでもどちらでもOKです。

直接根に触れると傷んでしまうので、離れたところに設置しましょう。


また、弱っている時や、冬の休眠期は、栄養剤は控えましょう。

スポンサーリンク

夏と冬は置き場所に配慮が必要


乾燥に強く丈夫だといっても、日本の気候に合わせて環境を整えてあげる必要はあります。

植物にとって居心地の良い環境作りをするポイントはこの3つです。


  • 日当たり
  • 風通し
  • 気温

レースカーテン越しの明るさが最適


直射日光だとかえって弱ってしまう場合もあり、レースカーテン越しの柔らかな日光が当たる場所が一番おすすめです。


一日中日が当たらない場所は要注意です。

例えばこんな場所!

・雨戸を閉めて部屋が真っ暗になる

・玄関やトイレなど、窓が無く暗い


普段暗い場所に置いている植物も、1日に数時間の日光浴させてあげるだけで元気に育ちますよ!


観葉植物を育てていると、葉が黄色くなってしまうことありますよね。

光の当たらない側が変色していたり、密集している箇所だったりする場合は、ほぼ日照不足が原因です。

たまに植物の向きを変えたり、窓際で日光浴させてあげると元気に育ちますよ!

てまり

風通し


夏場のこもった部屋の空気は、人にとっても辛いですよね。

仕事で不在にしている間は空気も入れ替わらず、考えただけで汗が出ますね!

植物にとっても辛い環境です。

真夏に部屋が猛烈に暑くなる場合は、北側の涼しい部屋や、外の日陰に避難させてあげましょう!

猛暑日は植物の状態をよくみてあげてくださいね!

気温


冬の寒い時期に、植物をずっと窓辺に置いていると弱ってしまう場合があります。

少し窓際から離してあげましょう!

バルコニーなど屋外に置いている植物は、霜が降りないようにマルチング材や場所替えで防寒することも可能です。


外気温だけでなく、エアコンによる冷えや乾燥も植物には影響があります。

エアコンの風が直接当たらないようにしてあげましょう。

てまり

おすすめ観葉植物 小さめ卓上サイズ

多肉植物

鮮やかな色合いとぷっくりとした姿が魅力的で、老若男女問わず人気の多肉植物!

可愛い姿のものから、カッコいいものまで様々な形のものがあるので、モダン、ナチュラル、アンティーク、カントリーと、どんなインテリアに合わせやすい優れものです!

葉に水分を蓄えておけるので、乾燥にも強く、初心者におすすめです。

置き場所水やり
太陽が大好き!
窓際が最適
1,2週間に1回
冬は1ヶ月に1回


見た目が可愛いので、お子さんと一緒に選んだり寄せ植えをするのも楽しそうですね!

てまり

アイビー(ヘデラ)

あひるの足跡のような形が可愛いアイビー。

ナチュラル、ビンテージなインテリアはもちろん、モダンなインテリアにも濃緑の曲線美が映えて相性は抜群です。

成長力が強く、切って花瓶に入れてもぐんぐん伸びます

置き場所水やり
日中明るい場所表土が乾いたらたっぷりと。
1週間に1回
夏は2,3日に1回


水耕栽培にすれば、キッチンなど清潔感を保ちたい場所に飾るのにもぴったりですよ!

てまり

ポトス


ハート型の葉が可愛らしく、明るい葉色の植物。

たくましく、どんどんツタを伸ばしますが、伸びすぎたら好きなところで切ってOKです。

ナチュラル、リゾート、モダンなど様々なインテリアと相性がいいです。

垂れ下がった葉が爽やかなアクセントになりますよ!

我が家では、2週間もお水をあげなかったことが何回もありますが、葉は生き生き!とても乾燥に強く、丈夫です!

置き場所水やり
日中明るい場所表土が乾いたらたっぷりと
1週間に1回


葉が密集してくると、内側の葉が日照不足で黄色く枯れてしまう事もありますが、他の葉が元気なら問題ありません!

てまり


アロマティカス


丸くぷっくりとした葉が可愛らしく、と~っても良い香りのする植物です。

ナチュラル、カントリーのインテリアや、涼しげな白い産毛が北欧のほっこりとしたインテリアにも合います。

乾燥に強く、丈夫です

折れた茎を花瓶に入れても長持ちするので、玄関や洗面所で香りを楽しむこともできますよ!

また、料理に用いる事もできるようです!私はまだ勇気がでません。笑

置き場所水やり
日中明るい場所表土がしっかり乾いたらたっぷりと
1、2週間に1回


我が家では過湿や日照不足で葉が黄色く弱ってしまいましたが、根本まで切り戻して環境を変えたら、めきめきと復活しました!

てまり


おすすめ観葉植物 棚か床置きの中サイズ

サンセベリア

直線でスタイリッシュな見た目は、ヴィンテージ、モダン、リゾートなどのインテリアにぴったり!

かっこよく、おしゃれにアクセントを加えてくれます。

空気清浄効果が高いのも嬉しいところ!

乾燥気味を好むため、お世話はほどんど不要で、初心者向きのおすすめ植物です。

置き場所水やり
日中明るい場所表土がしっかり乾いてから数日後
1、2週間に1回

モンステラ

南国リゾートの植物といえばこれ!というイメージのある大きいな葉が特徴的な植物です!

ワイルドな葉が非日常を演出してくれます。

リゾート風のインテリアはもちろん、濃い緑の葉はモダンなインテリアにもぴったりです。

乾燥に強く、丈夫で育てやすいです。

置き場所水やり
日中明るい場所表土が乾いたらたっぷりと
冬は2週間に1回
たまに葉に霧吹きをする

オーガスタ


大きな葉と濃い緑がインテリアをぐっと引き締めてくれるオーガスタ。

リゾート、モダン、ヴィンテージのインテリアと相性はぴったりです!

乾燥に強いため水やりは控えめでOKです。

葉にホコリが溜まりやすいので掃除や霧吹きをしてあげると元気に育ちます。

置き場所水やり
日中明るい場所表土が乾いたらたっぷりと
1、2週間に1回

おすすめ観葉植物 シンボルツリーの大サイズ

ウンベラータ

少し華奢で白っぽい幹や、爽やかな大きなハート型の葉が魅力的のウンベラータ。

ナチュラル、北欧、ヴィンテージなど、幅広いインテリアに合わせることができます。

日照不足や寒さによって、葉が黄色くなったり落ちたりしますが、暖かい時期が訪れるとゆっくりと回復しますよ!

生命力が高く、丈夫です。

置き場所水やり
レースカーテン越しの日光が当たる場所
冬は窓際の寒さから逃がす
表土が乾いたらたっぷりと
1週間に1回
冬は1、2週間に1回
たまに葉に霧吹きをする

カポック(シュフレラ)


お花のように開いた葉が可愛らしいカポック。

成長は早いですが、剪定をし好きな大きさで育てる事ができます。

乾燥に強く、丈夫で育てやすいです。

置き場所水やり
日中明るい場所表土か乾いたらたっぷりと
1週間に1回
冬は1、2週間に1回
たまに葉に霧吹きをする

アマゾンオリーブ

初めて名前を聞いたという方も多いですよね!

オリーブに似た実をつけるそうですが、オリーブの仲間ではありません。

一見、ベンジャミンのようで繊細かと思いきや、アマゾンという名が付いただけあって生命力が高く、とても丈夫な植物です。

白い幹と濃いグリーンの葉は存在感抜群で、ナチュラル、モダン、ヴィンテージ、カントリーと、どんなインテリアとも相性が良いです。

置き場所水やり
日中明るい場所1週間に1回
たまに葉に霧吹きをする


我が家では人の背丈ほどのアマゾンオリーブを育てています。
水やりを忘れていると、葉が下を向きしょんぼりとしてしまいますが、そのタイミングでしっかりお水をあげれば元通りシャキーン!とします。
カーテン越しの明るさでしっかり成長してくれて、とても丈夫でおすすめです!

てまり

まとめ


気になる植物は見つかりましたか??

今回ご紹介した植物たちは、過保護に育てるよりは、少し放っておくくらいが丁度いいものばかりです!

置き場所と水やりに気を付ければすくすくと育ってくれますよ!


【休日にすること】

  • 水やりついでに日光浴
  • 春と秋に植え替えのチェック
  • 春夏秋に肥料のチェック


【平日にすること】

  • 通りすがりついでに葉を触る
    (水が足りているか、元気かどうかわかるようになります)
  • ちらっと表土の色を見る
    (乾燥がどの程度かわかるようになります)
  • 眺めて植物を楽しむ
    (心が和みます)


お気に入りの植物を仲間に加えて、おしゃれな空間で日々癒される生活を楽しみましょう~!


小さいお子さんや、ペットがいるご家庭は、葉を舐めたり食べたりしないようにご注意くださいね!

てまり




最後までお読みくださりありがとうございました!

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
てまり
こんにちは! 暮らしの植物アドバイザー てまり です。 関東在住、夫と1歳の娘と暮らす30代の主婦です。 Life with Plants!をモットーに、生花、観葉植物、園芸など植物のある暮らしを楽しんでいます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Mom's Green Time , 2019 All Rights Reserved.